素材サイト作りました♪作成時に使ったサービスやアプリの覚書

こんにちは! おもち @_____nyam です!

素材サイト、「girly materials」作成しました♪

 

今日は、なんで素材サイトを作ったのかって言うことを書いていきます!

それから、素材サイト作成時に使った、サービスやアプリなども書きます!

 

ワードプレスとか、素材作成アプリとか、その辺を覚書として置いておきます♪

参考になるかなw

 

(ちなみに、今日のサムネイルは、「girly materials」の素材を使って作りました♪)

 

なんで素材サイトを作ったか?

girly materials

 

ぶっちゃけ、気分で作りたくて作ったってのはあるんですが←

今回作成した素材サイトのテーマはこんな感じです。

 

「商用利用OKの可愛いフリー素材。アダルトサイトに使用もOK」

 

「商用利用OKの可愛いフリー素材」ってとこは、「まぁ、そうだよな」って感じだと思います。(たぶん)

気になるのは、どうして「アダルトサイトに使用OK」にしたのかってとこかなと思います。

 

どうして「アダルトサイトに使用OK」にしたのか

結論から言うと、私がアダルトサイト作成時に素材を使いたいから作りましたw

 

今私が、アフィリエイトで収益を得ているのは、アダルトサイトです。

アダルトサイトって言っても、「あはーん、うふーん」な感じじゃないですw

 

例えば、お酒だったら、18歳以上じゃないと買えないですよね。

そんな感じで、18歳以上の人が利用することが前提となっている広告を、アフィリエイトで使用しています。

だから、内容がエッチじゃなくても、アダルトサイトになってしまいますw

 

基本的には、女性向けのサイトなので、おしゃれに可愛くしたいんですが…

アダルトサイトに使用OKな可愛い素材って、全然ないんですよ!!!!www

 

フリーで探そうと思うと、なおさらないです(´;ω;`)

まぁそういうわけで、自分用の素材を作ろうと思ったんですね。

 

素材サイトを公開しようと思った理由

たぶん、女性向けのアダルトサイトって、意外とあると思うんですよね。

 

私自身、別のプラットフォームで、配信のお仕事をしています。

そのサイトは、18歳以上じゃないと登録できないし、アダルトサイトの分類に入ります。

(お仕事の内容は、エッチなことなど一切ありません)

 

この配信のお仕事を紹介しようと思うと、どうしてもフリー素材が使えません。

でもこのお仕事って、今後需要が伸びていくと言われているんです。

 

すでに、そのお仕事を紹介されている方は、沢山いらっしゃいます。

今後もっともっと増えるでしょう。

そういうときに、フリー素材がないと、私みたいに困っちゃいますよね。

だから、そういう、女性向けのアダルトサイトに使用してもらえたらいいなって思いで、公開することにしました。

 

素材サイトを作るために使ったサービス

それでは、サイトを作るために使ったサービスを、箇条書き程度ですが紹介していきたいと思います!

 

素材サイトをweb上に公開するためのサービス

サイトを構築する際に、レンタルサーバー独自ドメインを使用しました。

今回は、もともと借りているサーバーと、独自ドメインを使っています♪

このブログ、はちわれ猫のひきこもりメモを作成する際にも使用しました。

 

スターサーバー

もともとスターサーバーで借りていたレンタルサーバーを使用しました。

新しく、素材サイト用のディレクトリ(フォルダ)を作って、そこにワードプレスや素材などを入れています。

 

ワードプレスを手軽にインストールしてくれる機能がついているので、ワードプレス導入が楽です。

 

たぶん結構安いんじゃないかな。

さくらのレンタルサーバーとか、ロリポップとかもありますが、当初はコスパで選びました。

ちょっと機能が少ないのですが、ただサイト作るだけなら、スターサーバーくらいの機能で十分です。

 

スタードメイン


ドメインは、もともと持っていた、8nyan.com という独自ドメインのサブドメインで取得しています。

独自ドメインは、スタードメインで取得しました~!

 

ここも、サーバーと同様、コスパ重視

結構やすいんですよ、スタードメイン。

しかも、.meとか.xyzとか、そういう新しいドメインが、初年度1000円以下で取得できます

(.xyzとか2020年4月16日現在で初年度30円ですからねw)

 

「とりあえず、ドメインとったことないからやってみよう」くらいの気持ちで買っておけちゃいます。

初年度すぎて使わないなら契約きればいいので、気軽にドメイン取得しました←

 

素材サイトを作るためのサービス

サイト作るときって、自分でコード書くか、ソフト使うか、とかじゃないですか。

あとなんか、wixとか使うとか!

私は、素材サイト作成時にワードプレス使ったよって言うのを紹介しますw

 

ワードプレス

WordPress

ワードプレスは、CMSです。CMSってなんだよって感じ←

CMSって、簡単に言うと、「サイトをより簡単に作って管理できるサービス」です。

 

サイト作るのって、HTMLとかCSSとかコードとか書いて色々して~って作るんですが、、、。

めんどくさいし、更新するのもめっちゃ大変なので、更新の頻度が高いサイトには向いていないんです。

 

ワードプレスは、サーバーにインストールするだけで、ぱっと見完成しちゃうので…w

しかも、ワードプレスは無料で使えます。

(さらにスターサーバーでは、ポチポチしたらインストールできる機能付いてますしw)

 

ワードプレスは、はてなブログみたいな感じで(違うけど)、記事の更新しやすいです!

なので、更新頻度が高いサイトだと、ワードプレス使った方が楽ですw

 

素材サイトでは、素材をどんどん追加していくので、更新頻度って高いじゃないですか。

だから、今回は、ワードプレス使ってます!

 

ワードプレス無料テーマ「Luxeritas」

Luxeritas

テーマって、着せ替えです!

ワードプレスで作ったサイトは、テーマを導入することで、簡単に着せ替え出来るようになっています。

 

テーマは、有料だったり無料だったり様々です。

今回使ったLuxeritas」は、無料のワードプレステーマです。

 

ルクセリタスは、有名どころで、高速かつ、めちゃくちゃ高機能で、ハイセンスなテーマですw

しかも、着せ替えのカスタマイズが、めっちゃ簡単って言う…。

なんだこの、いたれりつくせり無料テーマ!ってかんじw

 

しかも、SEOの対策もされているので、アフィリエイトとかする方にもめっちゃいいんじゃないかな。

 

素材を作成するために使ったサービスやアプリ・ソフト

それでは、素材サイトの主役「素材」を作るために使ったサービスやアプリ・ソフトを紹介します!

 

素材サイト作成で使用したサービス

pixabay(ピクサベイ)

pixabay

ここは有名どころの海外フリー素材サイトです。

基本的に、加工OK再配布OKなフリー素材が沢山掲載されています。

 

注目したのは、アダルトサイトに使用OKなところ。

今回のフリー素材サイト「girly materials」の、元素材にpixabayの画像を使用しています。

 

サムネイルとかの素材って、写真大事じゃないですか。

高画質のおしゃれな写真が沢山あるので、ピクサベイで写真を探して使用しています。

 

素材サイト作成で使用したアプリやソフト

フリーのアプリをかなり使用しました。Photoshopとか、持っていなくて…。

でも、素材はフリーアプリで十分作成できます。

iPhoneでも使えるアプリなので、iPadじゃなくても使えますよ~!

 

Medibang paint(メディバンペイント)

Medibang paint

手描き素材を作成した時に使っているペイントアプリです。

アフィリエイターさんのサムネ作成には、よく、ibispaint(アイビスペイント)が紹介されていることが多いですね。

ですが、私は、メディバンペイント派ですw

 

iPadのアプリと、パソコンのソフトが、クラウドで同期できちゃいます!

なので、iPadで描いた手描き素材を、パソコンにすぐに送ることができちゃいます!

 

パソコンでちょっと処理をすることもあるので、パソコンに同期できると便利です。

ApplePencilでの書き味も最高なので、メディバンペイント推し推しですw

 

Over

Over

Overは、画像加工したり、アイテム同士を合成できる、画像編集アプリです!

Canvaに似ていて、サムネイルとか、チラシとか、名刺とか、なんでも簡単に作れちゃうアプリですw

 

普段は、パソコンで使える、ブラウザ版のCanvaがお気に入りです。

だけど、Canvaのアプリは、ちょっと使いにくくてw

 

Overはアプリしかないので、パソコンでは使えません。

でも、OverはCanvaに似た感じで使えて、サクサク動くので、iPadでよく使っています。

 

素材作成では、画像のサイズ変更とか、切り抜き、色調などの調整に使っています。

あと、Overにはレイヤー機能があるので、素材同士を重ねる時にも使っています。

 

Phonto(フォント)

Phonto

主に文字入れに使っています!

こちらも有名なアプリですね~!

 

Overでも、文字入れはできるのですが、日本語フォントが少ないため、ちょっと不便です。

 

Phontoは、フリーの日本語フォントが豊富だし、縁取りとか、陰とか色々細かい調節ができます。

サクッと使いやすい画面なので、簡単に文字入れしたいときにも便利です

 

フォントが配布用の素材に使用可能か調べるのが大変なので、素材自体の文字入れには使っていないです。

主に、バナーやサムネイルを作成するときにPhontoを使っています。

 

One Drive(ワンドライブ)

One Drive

ワンドライブは、マイクロソフトのクラウドストレージです。

iPad、PC間で、素材をやり取りするときに使っています。

 

画像をフォルダに入れるだけで、簡単にiPadやPCに送ることができるので、

サクサク作業したいときに便利です。

 

GIMP(ギンプ)

GIMP

Photoshopと並ぶ、無料画像編集ソフトです。

操作はちょっと難しいですが、だいたいなんでもできますw

日本語版もあって、私は日本語版を使っています。

 

主に、素材の切り抜きに使っていました。

メディバンペイントで描いたイラストは、でっかいレイヤーにのっています。

そのまま出力すると、要らない余白の部分まで出力されちゃうので、余白を取り除くためにGIMPを使っています。

自動で切り抜きしてくれるので、めちゃ便利w

 

素材サイト作成で使用したデバイス

PCとiPadを使っています!

さらっと説明します!

PC

HPのデスクトップパソコンを使用しています!

PCは主に、サイト作成で使っています。

 

サイトを作る際に、ドメイン取得やサーバー設定、ワードプレスカスタマイズなどをします。

iPadでもできなくはないですが、PCの方が楽なので、PCでやっています。

 

素材の細かい編集なども、PCですることがあります。

 

iPad Pro・Apple pencil

iPad proは9.7インチのやつです!(よくわかっていない)

なんかたぶん、proじゃなくても十分ですw

 

どちらかというと、ApplePencilが神ですw

手描きの滑らかさがすごい。書き味がすごい。って感じですw

 

ApplePencilで、手書きのイラスト素材を作成しています。

 

まとめ

こんな感じで、結構いろいろなアプリやソフトを使って、素材サイトを作っています!

(自分で書いててびっくりした)

 

素材作成で、Photoshopとか必要かなーって思ったけど、私の作成しているレベルの素材では、フリーのアプリで十分でした。

 

今回お金がかかったものはありません。

(サーバー代とドメイン代は、別サイト作成時に払っている)

 

参考になったら嬉しいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です